コラム

紫外線とシワ

紫外線とお肌との間には、深い関係があります。冬だからといって日常的な紫外線ケアを怠っていると、シワの原因をつくってしまうなど、思わぬトラブルを招いてしまうことも。
紫外線とお肌の関係を知って、毎日のスキンケアに役立てましょう。

どんなシワも根本的な原因は「皮膚の老化」

加齢に伴って、真皮にある線維芽細胞(せんいがさいぼう)の働きが悪くなると、お肌の美しさや弾力を保っているコラーゲンやエラスチンなどの生成は弱まってしまいます。

逆にこれらを分解する酵素は増加するので、コラーゲンなどの量がさらに減少し、内的シワの発生要因をつくります。ここに表情筋を動かす力などが加わると、弾力のなくなった真皮では十分な回復を促せず、その部分がシワとなって固定化してしまいます。

お肌の老化の外的要因は「紫外線」

お肌の老化の80%は紫外線からの光老化といわれています。紫外線(UV)には、UV-A波・UV-B波・UV-C波があり、C波は地上にほとんど届かず、皮膚の角質層を刺激して日焼けを起こすのがB波、光老化でお肌へのダメージがとくに大きいのがA波です。

健康な真皮では、コラーゲンがしっかりと集まって束をつくり、お肌の支柱役を担って、その間をエラスチンがゴムのバネのように張り巡らされています。
しかし、わずか数分間紫外線を浴びただけでも、UV-A波は肌の奥の真皮にまで到達。コラーゲンは小さく切断され、エラスチンを変性させる酵素が分泌されます。これにより皮膚が弾力を失い、たるみ・シワを引き起こす原因をつくるのです。

UV-A波(紫外線A波):波長が長いため、雲やガラスなども通り抜けやすい性質をもっていおり、皮膚の真皮層まで到達するので、とくに注意が必要。

有効的なシワ予防

まずは、万全な紫外線対策乾燥対策で、シワができないようにしっかり予防することが大切。
紫外線からお肌を守るためには、UV-A波、UV-B波を十分にカットできる日焼け止めを選び(各PA値、SPA値が高いものほど効果が高い)、こまめに塗り直すこと。角質層のバリア機能を高めるためにも、化粧水などで保湿ケアもしっかりと行ってください。短時間だから大丈夫! などという気の緩みが、お肌へのダメージを招いてしまいます。

できてしまったシワ対策

できてしまったシワやたるみは、そのままにしておくと、より深くなるなど、さらなる悪化を引き起こします。
これ以上進行しないようにするには、毎日のスキンケアが大切。レジャーなど、とくに多くの紫外線を浴びてしまったときなどは、いつもより化粧水をたっぷりと使ってお肌への水分補給を! その後、クリームなどでうるおいを逃がさないように念入りにケアしてください。十分な睡眠をとり、お肌のターンオーバーを正常に近づけることも重要です。

リルジュには、お肌の表皮細胞、真皮細胞を活性させる働きがあります。冬だからと油断などせず、紫外線に対する日常的なケアを心がけましょう。