コラム

紫外線による光老化

秋や冬だからといって紫外線ケアを怠っていませんか。
秋や冬の晴天時や曇天時にも紫外線は降り注いでいます。ちょっとした気の緩みが紫外線の蓄積による光老化へつながってしまうので、日焼け止めなどを使ってしっかりお肌をケアしてあげましょう。

紫外線の本当の怖さは蓄積される光老化!

紫外線(UV) とは地上に届く太陽光線のうち、400nm(ナノメートル・1nm=10億分の1m) 以下の光のことです。
紫外線A波(UV-A)、紫外線B波(UV-B)、紫外線C波(UV-C) の3つに分けられますが、C波は地上にほとんど届かないので、美肌に関わるのはA波とB波ということになります。

A波(UV-A)
波長が長く皮膚の真皮層まで到達。シワ・たるみの原因をつくります
B波(UV-B)
波長が短く皮膚の角質層を刺激。シミ・そばかすの原因をつくります

A波とB波

紫外線を受けたお肌をそのままにしておくと…

少しだけだから大丈夫と、紫外線を受けたお肌をそのままにしておくと、この蓄積が光老化を引き起こし、シワやシミなどをつくってしまいます。

ハリや弾力のなくなった皮膚は、顔の筋肉の動き(表情)で折り畳まれ、
より深いシワへと変化していきます。

一度できてしまったシミは、さらにメラニンを多量に作り続け、
濃く、大きくなって広がっていきます。

紫外線・光老化を防ぐには予防とケアが大切!

まずは日常生活やアウトドアなど、シチュエーションに合った日焼け止めを選ぶこと!

主に紫外線A波(UV-A)を防ぐPA(Protection Grade of UVA)と、主に紫外線B波(UV-B)を防ぐ SPF(Sun Protection Factor)の表示を確認し、こまめに塗りなおすことが大事です。数値が高いものは肌への負担も大きいので、用途に合わせて使い分けましょう。

できてしまったシミやシワ、たるみに対しては、リルジュのような肌細胞を活性させる化粧品を利用して、十分な睡眠とバランスのとれた食事を心がけ、お肌のターンオーバーを正常化することが大切。
ターンオーバーが正常化すると「ケラトヒアリン顆粒」が作られ“紫外線をはねかえす力” もアップするんですよ!

皮膚の老化の80%は紫外線からの光老化で、加齢による老化はたったの20%だとも言われています。1年間を通して避けることのできない紫外線と上手に付き合いながら、しっかりケアしてあげましょう。