コラム

美しくハリのあるお肌を生みだすRejuline

お肌の美しさと深い関わりをもつFGF(エフジーエフ)。
これと同様の効果を発揮する、リルジュに含まれる有用成分のひとつRejuline(リジュライン)の魅力を紹介します。

FGF(エフジーエフ)とは?

細胞の増殖や分化を促す成長因子(グロースファクター)のひとつであるFGFは、もともと体内で分泌されている成分。お肌の真皮にある線維芽細胞を活性化させ、ハリや弾力のもとになるコラーゲンやエラスチンの生成を促進し、健康的で若々しい肌を生みだします。

しかしながら、加齢とともにその分泌量が減少していってしまうこともわかっています。

Rejuline(リジュライン)とは?

リルジュに含まれる有用成分のひとつRejulineは、FGFと同様の働きをもつオリゴペプチド。
FGFをより安定させる効果を持ち合わせ、成分表示では「アセチルデカペプチド-3」と表記されます。
リルジュでは、細胞と同様の膜をもつカプセルに入れリポソーム化することで、お肌への浸透性を高めています。

線維芽細胞を活性化させ美容成分の生成を促進

Rejulineは、真皮を構成する3大主要成分であるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸(細胞外マトリクス)をつくる線維芽細胞の活性・増殖を促し、美しいお肌を保つために欠かせない細胞外マトリクスの生成を促進。
これがシワやたるみに働きかけ、ハリや弾力のある若々しい肌へと導くのです。

さらに、成分を構成するアミノ酸の数が少ないため分子量が小さく、浸透性や安定性に優れ、持続的な効果も期待できます。

FGFと同様の効果をもち高濃度で配合

EGF(イージーエフ)IGF(アイジーエフ)など、さまざまな成長因子(グロースファクター)の中で、FGFはとくに高価なもののひとつです。高濃度で配合すると、一般市場で販売できないような価格になってしまいます。

FGFと同様の効果を発揮するRejulineは、化粧品用に最適化されたオリゴペプチドのため、高濃度で配合することが可能で線維芽細胞の活性化を促します。

日本で初めてRejulineを本格的に配合した美容液リルジュ
リルジュは、FGFをはじめとした3つの成長因子(グロースファクター)と、Rejulineをはじめとした3つのオリゴペプチドを一緒に配合することにより、お肌へ働きかける相乗効果を高めています。