お肌の化学

リポソーム ②

潤い成分との関係

リポソームは、表面にプラスの電荷を持っています。一方、化粧品などでよく用いられる潤い成分(ヒアルロン酸など)は、マイナス電荷を持つ高分子です。

そのため共存させると、リポソームのプラスと潤い成分のマイナスで強固に結びつき、浸透せず表面に残ってしまいます。

このため、リポソームの浸透力を発揮させるためには、潤い成分を省く必要があるのです。

潤い成分がある場合リポソームが浸透できないが、潤い成分がないと浸透しやすい

お肌の仕組みを理解し
適切なケアで肌本来のチカラを
取り戻しましょう