RERUJU

COLUMN

海外で人気!眉毛のワックス脱毛ってどんなもの?

08.Nov.2021

海外で人気!眉毛のワックス脱毛ってどんなもの?

海外の美しい女性達。そんな海外女性が最も大切にしているお顔のパーツは「眉」であることをご存知ですか?眉はお顔のフレームと言われていて、顔の輪郭や凹凸を引き立てるパーツです。眉毛のお手入れが不十分だと「怠け者女子」認定されてしまうくらい、海外女性は眉毛にこだわっているのです。
今回は、そんな海外女性が通う「眉毛のワックス脱毛」についてご紹介していきます。海外で人気の眉毛のワックス脱毛とは具体的にどんなものなのか?さっそく見ていきましょう。

海外で人気の「眉毛のワックス脱毛」って何?

海外で人気の眉毛のワックス脱毛とは、天然の蜜蝋やパラフィンで作られた専用のワックスを使った脱毛方法のことです。ワックスを一度温めて皮膚に塗り、冷えて固まったら一気に剥がしてムダ毛を引き抜きます。眉毛だけではなく体やデリケートゾーンにも使われていて、海外では主流の脱毛方法なのです。

「眉毛のワックス脱毛」の持ちは?

眉毛のワックス脱毛は、永久脱毛とは違うので毛は生えてきます。ワックス脱毛後の持ちは、毛周期などの個人差はありますが「3週間~4週間である」とされています。ワックス脱毛を数回続けていくと、毛が生える毛周期を長くする効果も期待できます。次に生えてくる毛の周期が遅くなるので、眉毛の量も少なくなり、眉毛が整えやすくなるのです。

「眉毛のワックス脱毛」の平均相場はいくら?

眉毛のワックス脱毛の施術料金は、そこまで高価ではありません。一回の施術で3,000円〜5,000円が相場なようです。海外ではワックス脱毛が主流のため、さらに安値になりアメリカでは10$前後で受けられるサロンも多いです。

「眉毛のワックス脱毛」のメリットは?

眉毛だけではなくムダ毛の脱毛方法には種類がありますが、ワックス脱毛を選ぶことのメリットは何なのでしょうか?

•ムダ毛を一度に抜くことが出来るのでスピーディー
•剃り残しがない
•お肌の古い角質も一緒に取れる
•しばらく生えてこない

眉毛のワックス脱毛は、ワックスを一気に剥がすことでムダ毛を抜きます。一度で全てのムダ毛処理ができるので、脱毛にかける時間が短くなります。さらに、ムダ毛を根本から抜くため剃り残しもありません。古い角質が一緒に剥がれるので、「眉まわりの肌がつるっとした」という声も耳にします♪

海外では男性にも人気!

眉毛のワックス脱毛は、海外では男性も利用します。近年では、男性もメイクアップを楽しむようになっています。ワックス脱毛をサロンで行い、眉を整えてもらうことは性別問わず「当たり前」になっているのですね。
このように男性にも人気の「眉のワックス脱毛」ですが、剥がして毛を抜く脱毛方法と聞くと、なんだか痛そうですよね。次は、ワックス脱毛の施術方法についてをさらに詳しく説明していきますね。

「眉毛のワックス脱毛」の施術方法について

眉毛のワックス脱毛は一般的に、松ヤニやミツロウを原料にしたハチミツ状の脱毛用ワックスを使用します。ワックスの原料は温めることで液状になります。温めたワックスを、眉毛の不要な箇所に塗り、ペーパーを貼り付けて一気に剥がすことで、不要な毛を毛根から脱毛できます。
剥がすときには、多少の痛みを伴うことが事実ですが、一瞬の出来事なので「痛みは気にならない」という人がほとんどです。施術後は、処理をした箇所の鎮静のためにタオルや氷で冷やします。

眉毛のワックス脱毛は「毛を伸ばして来店する」必要がある!

眉毛のワックス脱毛を行う場合、施術当日に眉周りの毛が伸びている必要があります。固めたワックスを使って眉毛を抜くので、十分に毛が生えていないと上手く抜けない可能性があるからです。脱毛をする場合は、眉まわりの毛を少なくとも2〜3mmは伸ばしてから施術を受けるようにしましょう。

「眉毛のワックス脱毛」のデメリットも確認しておこう

眉毛のワックス脱毛は、「永久脱毛」ではありません。施術価格は安値ですが、眉毛が生えてきたらまたサロンに通う必要があります。さらに、一度にワックスを剥がして毛を抜くため、多少の痛みがあることもデメリットと言えるでしょう。お肌の弱い人であれば、赤みが出たり、炎症を起こす可能性も「0」ではないのです。

「眉毛のワックス脱毛」でお肌も綺麗になる♪

海外では、眉毛だけではなく脱毛は「ワックス」が主流です。初めての人であれば、専門サロンでの施術がおすすめですが、現在は自宅で自分でできるワックス脱毛製品も多く販売されています。サロンでも自宅でも、自分の始めやすい方法から選ぶことができますね♪

ワックスで脱毛をすると古い角質も除去できて、お肌も綺麗になっていきます。ぜひ自分のお肌でも試してみてくださいね。